双子育児を乗り切る

核家族、共働き、親に頼れない状況下で双子をどう育てるか。 双子育児を楽にするノウハウや便利グッズを紹介します。

双子だと辛さ4倍?イヤイヤ期の乗り切り方

更新日:

育児における難関の一つ、「イヤイヤ期」。子供一人だけでもかなり苦労するイヤイヤ期の対処を、双子育児では同時に2人を相手にしなければいけません。

丸腰で挑むと痛い目に遭いますよ。。我が家でうまくいった乗り切り方をお伝えします。

スポンサーリンク

アドセンス

 そもそも、イヤイヤ期はなぜ存在するか?

イヤイヤ期は、およそ2歳前後から発生することが多いです。自我が芽生え、これまではパパ、ママに何でもやってもらうことで生きていた状態から自分の事は自分でやりたいという意識が生まれます。

その結果、パパやママがこれまでやってきたお世話に対して「自分でやる!」という意思表示をするので「イヤイヤ」することになります。

いつまで続くか、どれくらい激しい抵抗をされるかは個人差があります。長い場合は1年ぐらいのイヤイヤ期を乗り切る覚悟する必要があります。

双子育児においては、2人がほぼ同時にイヤイヤ期に突入します。これまではお出かけする準備もスムーズにできていたのに突然拒否されたり、道端に寝転んで抵抗されたりと様々な方法で双子は自我をアピールしてきます。

双子に限らず「頭ごなしに大人の都合で抑え込む」という考えに私は反対です。子供に甘いと思われるかもしれませんが自我の芽を大人の都合で摘んでしまうのは後々の事を考えると良くないというスタンスです。

以下の乗り切り方も上記の考えに立っています。その点、ご注意ください。

恐怖の双子同時イヤイヤを乗り切る

恐らく一番大変な同時イヤイヤ。例えば、着替えるよーおむつ替えるよーなどと言うと2人で拒否ということは良くあると思います。そんな時はどうするのか、いくつか私がやっている対処法を紹介したいと思います。

一旦諦める

やろうとしていることが、そんなに急用ではない場合はこれが有効です。着替えたりおむつ替えたりするのはそんなに急用ではないですよね。急いでいるときは使えないかもしれませんが、一旦諦める作戦です。

イヤ!と言われたら、あ、そう。分かった~と一度引き下がります。すると双子はあれ?と拍子抜けします。そして私はそこから一旦離れて別の事をやり出します。すると意外と着替えないの?おむつ替えないの?と様子をうかがってくるのでそのタイミングでやります。これだと2人の機嫌も損ねませんし、自発的に動いてくれやすいかな?と思います。

気をそらす

これは外出先で、双子を連れて誰か大人が他にいて1人1人対応できればいいのですが、ママと双子で外出した場合にぐずったり2人が歩きたくないと泣いたりした場合に有効です。

こういう時期はベビーカーにも乗ってくれませんし本当に困ります。そんなときは何か子供達の気をそらせるようなものを用意します。例えばお気に入りのおもちゃやぬいぐるみなどです。あとはこれは奥の手ですが、なにか食べ物で釣るというのも手です。ちょっとした小袋に入ったお菓子を忍ばせておいてどうしても無理な時にだけ使うようにしています。

我が家では食べ物で釣る場合は赤ちゃん用のおせんべいを使っています。

双子に共感してみる

イヤ!と言われたときに、こちらがイライラしてしまって怒鳴ったり叱ったりしてしまうと逆効果です。

なので「そっかー嫌なんだねー」と一旦共感してみて、話を聞いてあげる姿勢を見せるというはどうでしょうか?

時間があるときはとことん付き合ってあげると結構納得してくれたりします。イライラしてしまうと子供達にもそれが伝わって収集が付かないということがあるのであくまで冷静に対応するのがいいと思いました。

ダチョウ倶楽部作戦

これは最近ネットなどで話題になって使われている方もいると思います。この作戦は双子の片方だけイヤイヤしている時に有効で、本題とは少しずれますがとても有効なので紹介します。ダチョウ倶楽部の有名なネタ、「どうぞ、どうぞ」というやつです。

例えばトイレに行こう!とかねんねしよう!と行った時にイヤイヤ!となります。

そのときに「じゃあママがトイレ行こう!」とか「ねんねしよ。」と手を上げます。すると機嫌の良い方の子が「はーい!」とかって乗ってきてくれます。するともう1人もつられてやりたい!となることが多いです。言わないときは「あれ?〇〇ちゃん(くん)はやらないの?」と声をかけるとかなりの確率でやってくれます。

イヤイヤには終わりがあります!諦めないで。

この記事を読んでいる人は現在双子達がイヤイヤ期で困っているという人が多いのかなと思います。

本当に大変ですよね。現在私も双子達のイヤイヤ期に直面している1人です。ちょっと可愛らしくイヤ!くらいなら微笑ましく対応できますが、急いでいるときなどに限って激しく抵抗されたり泣き叫ばれたり・・・本当に嫌になることもあると思います。私も何度も何度も嫌になってイライラしては後から後悔したりと繰り返しています。

でも、イヤイヤ期には終わりがあるから頑張ろうと思っています。ありきたりな言葉になってしまいますが、本当にこれに尽きます。あとはなんとかこのイヤイヤ期を楽しめないかな?と思っています。今回紹介させていただいた乗り切り方はなんとかイヤイヤ期を楽しんで、子供も自分もイライラしない方法ってないかな?と考えました。みなさんもそんな風に思えたら双子のイヤイヤ期を楽しめるんじゃないかなと思います。

お互いに頑張りましょうね!

 

アドセンス

アドセンス

adsense




-双子育児のコツ, 双子育児は何が大変?

Copyright© 双子育児を乗り切る , 2017 All Rights Reserved.